super_x.com 気になるもの 「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓 

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓
日本マンガの巨匠、千葉徹也氏(66)を知っているかと聞くと、多くの人が首を傾げる。しかし『ハリケーン・ジョー』(『明日のジョー』の韓国版名)といえば、直ちに「ああ、あのボクシングマンガ」と言って納得する。変わった髪の毛、素敵な口笛を吹いてにっこりと笑う反抗児、ファイトにあふれるボクシングの実力まで、「ヤブキジョー」はマンガが好きの人なら一度は見たキャラクターだ。

このマンガはアニメーションにも作られ、1990年代の初めに韓国で『挑戦者ハリケーン』というタイトルで人気放映された。同アニメの原題は『あしたのジョー』。少年院出身のジョーが社会の冷遇の中でも手ごわい相手と戦いながら、ボクシングチャンピオンを目指す過程を描いている。同作品は1960年代、日本の全共闘世代たちに最も多くの影響を与えたマンガで、当時の時代精神を代弁するという評価まで受けた。

原作者の千葉徹也氏と1日、第8回富川(ブチョン)国際マンガフェスティバルで会った。

「韓国に来たのは今回が6回目です。李賢世(イ・ヒョンセ)、金ドンファなど優秀な韓国作家らを思い出します。特に最近読んだ『純情物語』(カンプルの純情マンガ日本版)が印象的でした。線のないインターネットマンガで絵本を見ているようでした。感性より感覚が先に進む日本マンガには見られない、純粋さが残っているという感じも受けました」

「韓流」について聞くと、千葉徹也氏は「韓国へ行くという話をしたら、ガールフレンドたちが連れて行ってくれと大騷ぎだった」と笑った。

韓流を卑下する内容を記して問題になった日本マンガ『嫌韓流』(7月発売)についても聞いてみた。



「そのマンガについてはよく分からないが、韓国文化を悪く話してはならないと思います。日本には多様な文化が共存しており、日本人の血は中国、韓半島、アジア国家がそれぞれ4分の1で、残り4分の1だけが日本原住民です。文化を尊重して交流しなければなりません。その本はそういうことをよく分かっていない人が書いたようです。日本の作家を代表して謝罪します」

■お知らせ■ 東亜日報の報道について

東亜日報の報道について

このたび韓国を訪問し、国際イベントに日本人の一員として参加した際の新聞記事の内容につきまして、誤解を招く表現がありましたので、事実関係と補足をさせていただきます。

まず、東亜日報から取材を受けたことは間違いありませんが、「嫌韓流」という作品について、そのインタビューの席上で質問された事実はありません。
また、その記述の中に「日本の漫画家を代表して謝罪します」という表現がありますが、当然そのようなことを言う権限などありませんし、事実話しておりません。

この様なことが起こった原因として考えられるのは、滞在期間中に当該の質問を受けた、ただ一度の機会があり、それが取材としてではなく、文化交流の一環として講演をした際、ファンから質問を受ける趣向での時間帯に、一ファンからの質問として「嫌韓流」についての感想を問われたことがあり、その応対の部分的な引用をされたのではないかということです。
それに対しての回答内容は大筋、「その作品については読んだことが無いので、回答できないけれども、もし質問者が言うように一方的な視点の下に描かれたマンガ作品が、韓国の人々と文化を誹謗中傷するだけの内容で、韓国の人々の気持ちを傷つけているということが事実だとしたら、本当に残念なことだと思います。失礼しました。」という、質問者の心情と、仮定の話を前提としたものです。

しかし、どのような事情があったにせよ、公の場で行う発言には、今まで以上に慎重な対応をすることが必要なのだと反省し、戒めにしていく所存です。

このように、混乱を招く取材方法に対しては、今回のホスト国である韓国の事務局を通して、厳重に抗議するとともに、その対応を確認しているところです。
引き続き東亜日報には、韓国の事務局を通して誠実なる対応を求めてまいりますが、この舞台となったイベントは相互交流を目的としているものであることを考慮し、今回の発表をもってご報告と変えさせていただきます。

また、最後になりましたが、ホスト国である韓国の事務局の方々の迅速な対応、そして、このイベント自体が、とても友情にあふれた素晴らしいものであったことも、深い感謝の気持ちとともに記しておきます。

図らずも、日本のファンの方々をお騒がせしたことについて、心からお詫び申し上げるとともに、以上のような事情を踏まえ、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

有限会社ちばてつやプロダクション



ったく、ホントに韓国人って、自分の都合の言いように考えるお馬鹿な習性があるようで…
ちょっと、油断するとこれである。
最近、韓国放送局主催の公開番組…
日本でいったら、NHKの昭和歌謡ショーみたいなものであるが…
これが無料だったから、さぁ、大変。
会場は、スタジアムって、陸上競技場みたいなトコに、5万人が殺到したのだった。
で、ここからが、日本人には考えられないトコなんだが…
いいトコで見ようと、狭い入り口に、5,000人が、雪崩込んでしまい、11名が、将棋倒しに巻き込まれ、亡くなっている。
警備員は少なく、安全対策なんかとってなかったようだ。
この事件でも、主催者側が悪いニダってやっているから…
どうしようもない。
ちばてつや先生も、韓国と組むと、ろくなもんにならないと思ったに違いない。

【他称:原理関係者】mumurブログさんには、万博にきた韓国人の様子が、あったので、是非、参考にしてみてください。


ここは、保管庫的にやってます。
元は、ここです。
super_x.com

ほっとけない 世界のまずしさ

ちなみに、あくまで飾りですので…
banner_02.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://move966.blog22.fc2.com/tb.php/54-64ea2217

『マンガ嫌韓流』(5)vs東亜日報・權五(後)

『マンガ嫌韓流』,雑誌やテレビでも取り上げられたりあの朝日新聞の書評でも紹介されるなど,ネットの知真韓派・嫌韓派のみならず一般にもその存在が知られるようになってきました。その『嫌韓流』,私がその存在を最初に目にしたのは人気嫌韓サイトでの紹介記事で,熱狂的な
  • [2005/10/07 08:43]
  • URL |
  • D.D.のたわごと |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。