super_x.com 気になるもの 産経抄 (10/02 )

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経抄 (10/02 ) 

産経抄 (10/02 08:30)

細長い帯状の紙の両端を糊でつける。むろん普通の輪ができる。今度は紙を一度ねじった上で、同じように両端を結び、これに小さな虫をはわせてみる。すると最初は表をはっていた虫が、いつの間にか裏に回っており、また表に戻る。

 ▼幾何学で「メビウスの帯」と呼ばれる表裏を決められない曲面のことだ。ねじれた論理の例えに使われることもある。一昨日、小泉首相の靖国神社参拝を「憲法違反」とした大阪高裁の判決もさしずめ「メビウスの帯」であるような気がする。

 ▼判決は首相の参拝を明確に違憲と言っている。ところが主文では、違憲を理由にした原告の損害賠償請求を退けた。いったい何のために憲法判断をしたのかわからない。国にとって、主張は退けられたのに、裁判自体は勝訴で上告もできない。ねじれ判決である。

 ▼判断はもう一つの意味でもねじれている。前日の東京高裁は、参拝について憲法判断は避けたものの「私的なもので違憲論は前提を欠く」と言い切っている。これでは、昨日まで表を歩いていたつもりが、今日は裏を歩かされているようなものだ。司法の信頼性にもかかわる。

 ▼そういえば、同じ日の朝日新聞社長の記者会見もおかしかった。NHKの番組改変報道について、取材が不十分で、記事に不確実な情報が含まれていたことを認めた。それなら、記事としては明らかに欠陥商品である。にもかかわらず訂正も謝罪もしないという。

 ▼その朝日が大阪高裁の判決を受けた社説で「司法の判断が分かれた以上、参拝を強行すべきではない」と書いた。しかし、司法の判断が分かれたら首相自身が決めるしかないというのが普通の論法だ。いずれもどこかでねじれて、いや、ねじっているとしか思えない。


ほんとに、捻じ曲がってますね。
朝日もこの裁判官も…

左巻き…
(1)時計の針が動く方向と反対に巻くこと。また、そのもの。
⇔右巻き
(2)知能が足りないこと。頭がおかしいこと。また、その人。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

根性も性格も、捻じ曲がっているんでしょう。
だから左巻き馬鹿なんではないだろうか?


ここは、保管庫的にやってます。
メインはは、ここです。
super_x.com

ほっとけない 世界のまずしさ

ちなみに、あくまで飾りですので…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://move966.blog22.fc2.com/tb.php/36-3f91ed0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。