super_x.com 気になるもの 2005年10月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが教職者の正体だ…(10/02~10/08) 

今週の教育者の不祥事

女子生徒の下着に手を入れ、もも触り…46歳教諭クビ
静岡県教育委員会は3日、知的障害のある女子生徒にわいせつな行為をしたとして、県立の盲・ろう・養護学校の男性教諭(46)を懲戒免職、同校の校長(56)を管理監督義務に違反したとして戒告処分とした。

 県教委によると、男性教諭は8月下旬、自家用車で高等部の女子生徒を学校から自宅に送った際、車内で女子生徒の下着に手を入れた。2004年9月から今年5月にかけ同じ生徒に対し、少なくとも4回、ももを触るなどしたという。

 女子生徒が保護者に「先生にマッサージされた」と訴えて発覚。教諭は「申し訳ないことをした」と話しているという。

 県教委は教諭を県警に告発する方針。藤原通孝教育次長は「言語道断の事件で、社会的責任は極めて重い。教職員への指導を徹底したい」とコメントした。

ZAKZAK 2005/10/04
同じ記事です。
女子生徒にわいせつ行為、教諭を懲戒免職 静岡県教委
静岡県教育委員会は3日、県立学校の男性教諭(46)が知的障害がある教え子の女子生徒にわいせつな行為を繰り返したとして、この教諭を懲戒免職処分にしたと発表した。県青少年環境整備条例違反(わいせつ行為)容疑で刑事告発することを検討している。

 教諭は計19校ある県立盲、聾(ろう)、養護学校のいずれかに勤務しており、被害にあったのは同じ学校に在籍している生徒。県教委は「被害者の特定などにつながる」として、教諭が勤務する学校の種別などを明らかにしていない。

 県教委によると、教諭は04年9月から4回にわたって教室などで生徒の体を触るなどしたほか、今年8月にはプールに入るために登校した生徒を家まで送ると誘って車に乗せ、車内で下着に手を入れるなどした。

 教諭は10年以上前にも当時勤務していた小学校で低学年の女子児童の下半身を触り、校長が口頭で厳重注意した。一昨年の夏には県立盲、聾、養護学校のいずれかで別の女子生徒を海に連れ出し、保護者から苦情があった。

教員ら6人懲戒
担任女児にわいせつ行為など
 都教育庁は三日、担任を務める学級の女児にわいせつ行為をした多摩地区の小学校教員(43)を免職にするなど、四件の懲戒処分を発表した。

 この教員は昨年四月から今年六月にかけて、六年の女児に自宅やホテルでわいせつ行為を繰り返し、女児が今春卒業した後も関係を続けていたという。保護者が学校に連絡し発覚。保護者側は警察に被害届を出していない。

 都は管理監督責任を怠ったとして、校長(55)を半年間の減給十分の一、当時の教頭(52)を戒告処分にした。

 また、八月に都内の地下鉄駅構内のエスカレーターで女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとし、都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された島しょ地区の中学校教員(34)を免職にした。教員は研修の帰りだった。

 このほか、酒気帯び運転をした多摩地区の小学校校長(59)を停職十五日間、少人数指導のために追加配置された教員を計画外のチームティーチングに活用した区立小校長(55)を戒告処分にした。


生徒の個人情報 教諭が盗まれる
車上荒らし被害

 県教委は3日、県立浜名養護学校の30代の女性教諭が、生徒3人の氏名や顔写真など個人情報が記憶された記憶媒体(メモリースティック)と、校長ら教職員17人と全校生徒79人分の氏名と電話番号が掲載された緊急連絡網が入ったトートバッグを盗まれた、と発表した。

 県教委によると、教諭は9月27日午後8時50分から約5分間、帰宅途中に愛知県豊橋市内の薬局に立ち寄り、駐車場に乗用車を止めた際、車の窓ガラスを割られて後部座席にあったバッグを盗まれたという。盗難に気づいた教諭は同日、警察に届け出た。児童・生徒の保護者には、28から29日にかけて電話などで事情を説明、謝罪したという。同校では、児童・生徒の個人情報を持ち出す際には口頭で、主事の許可を得ることとなっていたが、教諭は許可を得ていなかったという。

 県立学校で、教諭が児童・生徒の個人情報が含まれた文書などの盗難にあったのは、今年度3件目。

バレー部監督の元教諭みだらなアタック1年10月求刑
出会い系サイトで知り合った福井、富山両県の少女にみだらな行為をしたとして、福井県青少年愛護条例違反などの罪に問われた元北陸高校教諭で女子バレーボール部監督だった男の被告(41)=福井市=の初公判が3日、福井地裁(久保豊裁判官)であり、被告は起訴事実を認めた。検察側は懲役1年10月を求刑し、即日結審した。判決は17日。

 被告人質問で被告は「わいせつ行為目的で出会い系サイトを利用した。相手が少女と分かっても欲望に逆らえなかった」などと供述。検察側は論告で「少女2人の心身に重大な悪影響を与えた」と指摘した。

 起訴状などによると、被告は7月11日から同26日にかけて、福井県の無職の少女(16)と富山県の女子高生(17)にホテルでみだらな行為をした。また女子バレー部の遠征などのため、2000年夏ごろから無免許でマイクロバスの運転を繰り返していた。

ZAKZAK 2005/10/04

「酒で気が大きく」なり勘違い?開チン2度目教諭クビ
大阪府教育委員会は3日、大阪市天王寺区のJR桃谷駅改札前で下半身を露出したとして、公然わいせつの現行犯で逮捕された同府東大阪市立中学校の男性教諭(23)を、同日付で懲戒免職にした。

 男性教諭は2002年にも同容疑で逮捕されたが、府教委は逮捕歴を把握していなかった。「罰金刑だったため、本人面接でも確認できなかった」としている。

 府教委によると、男性教諭は8月27日午後9時25分ごろ、酒を飲み帰宅途中、同駅の改札前で下半身を露出した。教諭は「酒が入って気が大きくなっていた」などと話しているという。

ZAKZAK 2005/10/04

教え子の女子高生とみだらな行為の教諭が懲戒免職
教え子の女子高生とみだらな行為をしたハレンチ教師が懲戒免職処分となった。県教育委員会は今年4月と5月、教え子の女子高生とみだらな行為をしたとして逮捕、起訴された県立高校の教諭を4日付けで懲戒免職処分とした。懲戒免職処分となったのは県少年保護育成条例違反の疑いで逮捕、起訴され現在公判中の上益城郡内の県立高校に勤務していた男(41)の教諭。県教委ではこれまでこの教諭が容疑を否認していたため裁判が終わるまで分限休職処分としていたが9月開かれた初公判で起訴事実を認めたため4日付けで懲戒免職処分とした。合わせて指導監督職の校長と教頭も減給や戒告の処分とした。今年度の教職員の懲戒免職処分はこれで2件目。
TKU

「退職強要された」 指導力不足認定の美深高教諭、人権救済を申し立て
 上川管内美深町の美深高で指導力不足と認定された男性教諭が、校長ら管理職から退職を強要するような圧力を受けたとして、四日、札幌法務局と札幌弁護士会に人権救済の申し立てを行った。学校側は「申し立ての内容がわからないのでコメントできない」としている。

 美深高の清尾(せお)栄司教諭(52)。清尾教諭は今年三月、道教委から指導力が不足しているとして、指導力対象制度の対象教員に認定された。清尾教諭は四月以降、教壇には立たず、同校内で指導力向上のための研修を受けている。

 清尾教諭によると、英語の担当や副担任を外された昨年九月以降、同高の校長、教頭、事務長の三人から再三にわたり「依願退職すれば退職金が出る」「教師には向かないんじゃないですか」などと言われたという。清尾教諭は「悪い点は改めようと思っているのに、三人は職場復帰できないよう圧力をかけてきた。転勤したうえで職場復帰のための研修を受けたい」と話している。

 これに対し、美深高の藤田高峰(たかみね)校長は「本人からも事情を聴いた上で学校側の考えを示す」と話している。一方、道教委教職員課は「双方に認識のずれがある事実については、あらためて確認をした上で対応を考えたい」としている。
2005/10/05 01:01 北海道新聞

ネットで悩み相談の中学校職員、カキコ高1女子とH
神奈川県警都筑署は4日、高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反などの疑いで、東京都練馬区の同区立中学校事務職員の男(37)を逮捕した。

 男は昨年9月、インターネット上に悩み相談の掲示板を開設し、書き込みをした女子生徒と知り合った。「生徒と関係を持ちたくなった」と容疑を認めているという。

 調べでは、男は今年8月9日から10日にかけ、横浜市の路上に止めた車の中や練馬区の自宅で、生徒にわいせつな行為をした疑い。

 生徒の家族が都筑署に相談し発覚した。

ZAKZAK 2005/10/05

生徒誘い抱きつく県立高51歳教諭、謹慎に 山形
県立高校の男性教諭(51)が車内やホテルで自校の女子生徒に抱きついたり、手を握ったりしていたことが分かり、県教委は4日、この教諭を先月17日から自宅謹慎を命じたと発表した。近く、正式処分を決める。

 県教委によると、教諭は04年12月ごろ、休日に女子生徒を「ドライブに行こう」と誘い出し、ホテルに連れ込んで抱きついたり、手を握ったりするなどした。その後も学校帰りに「家まで送る」と言って車内で同様の行為をしたことが3回あったという。

 教諭は昨年10月ごろから女子生徒に携帯メールを送信するようになり、当初は生徒も返信していた。12月ごろからは連日のようにメールが来るようになり、生徒は「気持ち悪い」と感じ、返信しなかったという。教諭はこの生徒に対し「好意があった」といい、「本人や保護者に謝罪したい」と話しているという。

 県教委は今年8月末、学校関係者からの情報提供を受け、内部で調査を進めていた。今月3日になって教諭が事実を認めたため、事件を明らかにしたという。

 教諭が勤務していた高校の校長は「教育熱心な教員であり残念です。被害生徒のケアに努め、信頼回復に全力をあげてまいります」とコメントした。

 高校教諭の不祥事をめぐっては、山形南高校の教員が先月29日、路上で女子高校生を押し倒し、胸などを触るなどして逮捕される事件があった。
(10/5

教頭先生がカンニング 紙切れ握り校長試験 道教委が停職処分
2005/10/06 01:25
 カンニングを見とがめられたのは教頭でした-。九月に函館市で行われた校長採用選考の論文試験の際、自作の論文答案を縮小コピーした紙を持ち込んだとして、道教委は五日、渡島管内の小学校教頭(51)を停職三カ月の懲戒処分にした。「不正はいけない」と指導する学校の管理職採用試験でのカンニング事件は道内初という。

 道教委によると、教頭が試験に持ち込んだのは、事前に書いた約六百字の論文を印字した縦九センチ、横三センチの紙。手に握り締めていたのを試験官が気付き、問いただして発覚した。教頭は動機について「恥ずかしい文は書けないと思った」といい、「字が小さくて見えなかった」とも話しているという。

 教頭は教諭への降任を申し出ており、道教委は受理する方針だ。

 このほか道教委は同日、指導に従わないなどの理由で特殊学級の生徒の額をこぶしでたたいたりした上川管内の中学校教諭(31)ら三教諭を体罰で減給、戒告処分にした。また教諭、事務職員ら五人を交通違反で停職などの懲戒処分にした。

荒尾市を相手に教諭の暴行めぐる損害賠償裁判の第1回口頭弁論
担任教諭から日常的に暴力を振るわれ精神的な苦痛を受けたとして、荒尾市内の市立中学校に通っていた生徒2人が、荒尾市を相手に300万円の損害賠償を求めている裁判の第1回口頭弁論が7日、熊本地裁で開かれた。訴えを起こしているのは荒尾市内の市立中学校の養護学級に通っていた女子生徒2人。訴状によると女子生徒2人が中学2年生だった2003年6月ごろから学級担任の40代の女性教諭から「勉強が理解できていない」などと日常的に殴られたり、首を絞められたりしたという。このため女子生徒2人はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症。この女子生徒2人の親たちが学校側に担任教諭の暴力を止めるよう、繰り返し訴えたにもかかわらず、学校側は暴力行為はなかったと判断し、適切な対応をしなかったとして、荒尾市を相手に300万円の損害賠償を求めているもの。この女性教諭は現在は休職中だという。第1回口頭弁論で被告の荒尾市は訴えの棄却を求める答弁書を提出、事実関係の認否については次回に持ち越した。
TKU 2005-10-07 11:46:59

女子生徒に傷害負わせた疑いで教諭逮捕 [10/07 20:17]
鹿児島女子高校の43歳の男性教諭がおととい、女子生徒を殴るなどして全治10日間のけがを負わせたとして、きょう逮捕されました。傷害の疑いで逮捕されたのは、鹿児島女子高校の教諭で、鹿児島市西坂元町の篠原一成容疑者(43)です。鹿児島西警察署の調べによりますと篠原容疑者は今月5日の午後8時半ごろ、鹿児島市にある鹿児島女子高校で、18歳の女子生徒の顔や足などを30回以上殴るなどし、全治10日間のけがを負わせた疑いです。
MBC





続きを読む
スポンサーサイト

聯合ニュース 

ウリ党の文喜相議長「日朝の国交正常化を支援」
【東京6日聯合】与党・開かれたウリ党の文喜相(ムン・ヒサン)議長は6日、「日本が経済力にふさわしい国際社会の主導国として自らの役割を果たすなら、周辺国の信頼が絶対的に必要」と述べた。
 文議長は同日、日本記者クラブで開かれる昼食会での演説に先立ち配布した原稿を通じ「日本は過去の軍国主義による被害国の国民に対し責任をとるという姿勢を示すべき」と主張した。また、米朝・日朝関係の改善は朝鮮半島と北東アジアの平和のための必要条件とした上で、「足踏み状態にある日朝関係を改善し、国交正常化が実現するよう外交的努力と支援に全力を尽くす」と強調した。6カ国協議については、共同声明の採択は歴史的意味が大きいとし、具体的な後続措置に対する日本政府の積極的な協力を求めると述べた。

 文議長は同日、自民党と公明党をそれぞれ訪問し、両国間の協力案について話し合うほか、扇千景参議院議長が主催する夕食会に出席する予定だ。

文議長「北朝鮮と3年以内に平和協定の可能性」
与党・開かれたウリ党の文喜相(ムン・ヒサン)議長は6日、現在の朝鮮半島休戦協定が3年以内に平和協定に替わる確率が非常に高いとの見方を明らかにした。日本訪問2日目、記者クラブで行った6カ国協議や韓日関係などをテーマに演説した際、「3年以内に平和協定に転換し、5年以内に統一する確率はどのくらいか」との日本側の質問に対し答えたもの。文議長は5年以内に統一する可能性は非常に低いが、統一のための経費を考慮しながら戦略的に統一時期を調整しなければならないと答えた。
 文議長は6カ国協議の発展方向については「北東アジア地域の平和と安全について議論する国際フォーラムとして発展していくべき。多者安保体制を固める契機となるうえに経済協力体制も構築できる」と強調した。韓日米の協力体制の中で韓国独自の行動を懸念する意見には「対北朝鮮関係や6カ国協議でそう思わせる要素があったようだが、北朝鮮を引き入れる戦略であって、韓日米の協力基盤が揺らいでいるわけではない」と説明した。朝鮮半島の平和体制に向けた交渉で日本も当事国に含まれるのかとの質問には「日本が当事国でない理由はない。足踏み状態の日朝関係を改善し国交正常化できるよう、外交に尽力する」と述べた。

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題については「侵略を受けた国として気分のいいことではない。参拝をするかしないかどちらか1つをとるなら、もちろんしないことを望む」と答えた。

韓国政府の対外援助、OECD平均の4分の1水準
【ソウル6日聯合】財政経済部は6日、昨年の政府開発援助(ODA)規模が4億2330万ドルになったと明らかにした。前年の3億6590万ドルに比べ15.7%の増加で、国民1人当たりのODA負担は8ドル80セントだった。
 国民総所得(GNI)に対するODA支援規模は0.06%で、経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)加盟22カ国の平均0.25%の4分の1にとどまった。財政経済部関係者は、「ODAは政府が支援するもので、民間や非政府組織(NGO)の支援金額は除かれる。大部分のDAC加盟国は先進国で、過去の植民地に対する保障心理から韓国に比べ相対的に多くの援助を行なっている」と説明している。

 ODAの内訳は、特定の国に向けた2国間援助が前年より34.9%多い3億3070万ドル、国際機関などへの出資を通じた多国間援助が23.3%少ない9260万ドルだった。

 国別では、イラクに対する援助が7220万ドルで最も多く、次いでベトナム(3650万ドル)、中国(2530万ドル)などの順だった。



a


小泉首相「韓日首脳会談、12月に日本で開催を」
【東京5日聯合】小泉純一郎首相は5日、日本を訪れている与党・開かれたウリ党の文喜相(ムン・ヒサン)議長と会い、韓日首脳会談を12月に開

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓 

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓
日本マンガの巨匠、千葉徹也氏(66)を知っているかと聞くと、多くの人が首を傾げる。しかし『ハリケーン・ジョー』(『明日のジョー』の韓国版名)といえば、直ちに「ああ、あのボクシングマンガ」と言って納得する。変わった髪の毛、素敵な口笛を吹いてにっこりと笑う反抗児、ファイトにあふれるボクシングの実力まで、「ヤブキジョー」はマンガが好きの人なら一度は見たキャラクターだ。

このマンガはアニメーションにも作られ、1990年代の初めに韓国で『挑戦者ハリケーン』というタイトルで人気放映された。同アニメの原題は『あしたのジョー』。少年院出身のジョーが社会の冷遇の中でも手ごわい相手と戦いながら、ボクシングチャンピオンを目指す過程を描いている。同作品は1960年代、日本の全共闘世代たちに最も多くの影響を与えたマンガで、当時の時代精神を代弁するという評価まで受けた。

原作者の千葉徹也氏と1日、第8回富川(ブチョン)国際マンガフェスティバルで会った。

「韓国に来たのは今回が6回目です。李賢世(イ・ヒョンセ)、金ドンファなど優秀な韓国作家らを思い出します。特に最近読んだ『純情物語』(カンプルの純情マンガ日本版)が印象的でした。線のないインターネットマンガで絵本を見ているようでした。感性より感覚が先に進む日本マンガには見られない、純粋さが残っているという感じも受けました」

「韓流」について聞くと、千葉徹也氏は「韓国へ行くという話をしたら、ガールフレンドたちが連れて行ってくれと大騷ぎだった」と笑った。

韓流を卑下する内容を記して問題になった日本マンガ『嫌韓流』(7月発売)についても聞いてみた。



「そのマンガについてはよく分からないが、韓国文化を悪く話してはならないと思います。日本には多様な文化が共存しており、日本人の血は中国、韓半島、アジア国家がそれぞれ4分の1で、残り4分の1だけが日本原住民です。文化を尊重して交流しなければなりません。その本はそういうことをよく分かっていない人が書いたようです。日本の作家を代表して謝罪します」

■お知らせ■ 東亜日報の報道について

東亜日報の報道について

このたび韓国を訪問し、国際イベントに日本人の一員として参加した際の新聞記事の内容につきまして、誤解を招く表現がありましたので、事実関係と補足をさせていただきます。

まず、東亜日報から取材を受けたことは間違いありませんが、「嫌韓流」という作品について、そのインタビューの席上で質問された事実はありません。
また、その記述の中に「日本の漫画家を代表して謝罪します」という表現がありますが、当然そのようなことを言う権限などありませんし、事実話しておりません。

この様なことが起こった原因として考えられるのは、滞在期間中に当該の質問を受けた、ただ一度の機会があり、それが取材としてではなく、文化交流の一環として講演をした際、ファンから質問を受ける趣向での時間帯に、一ファンからの質問として「嫌韓流」についての感想を問われたことがあり、その応対の部分的な引用をされたのではないかということです。
それに対しての回答内容は大筋、「その作品については読んだことが無いので、回答できないけれども、もし質問者が言うように一方的な視点の下に描かれたマンガ作品が、韓国の人々と文化を誹謗中傷するだけの内容で、韓国の人々の気持ちを傷つけているということが事実だとしたら、本当に残念なことだと思います。失礼しました。」という、質問者の心情と、仮定の話を前提としたものです。

しかし、どのような事情があったにせよ、公の場で行う発言には、今まで以上に慎重な対応をすることが必要なのだと反省し、戒めにしていく所存です。

このように、混乱を招く取材方法に対しては、今回のホスト国である韓国の事務局を通して、厳重に抗議するとともに、その対応を確認しているところです。
引き続き東亜日報には、韓国の事務局を通して誠実なる対応を求めてまいりますが、この舞台となったイベントは相互交流を目的としているものであることを考慮し、今回の発表をもってご報告と変えさせていただきます。

また、最後になりましたが、ホスト国である韓国の事務局の方々の迅速な対応、そして、このイベント自体が、とても友情にあふれた素晴らしいものであったことも、深い感謝の気持ちとともに記しておきます。

図らずも、日本のファンの方々をお騒がせしたことについて、心からお詫び申し上げるとともに、以上のような事情を踏まえ、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

有限会社ちばてつやプロダクション



続きを読む

朝鮮日報社説 

36年間の植民地時代も、半島を統一できなかったことも米国のせいとは

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員が、駐米大使館への国政監査で「米国が日本の朝鮮半島支配を認めた1905年の桂・タフト協定から不幸が始まった」とし、「国際法上、重大な犯罪行為であるこの協定について、米国に抗議して謝罪を要求しなければならない。韓米関係における過去の清算が必要だ」と述べた。

1905年、東京で締結された桂・タフト協定は、米国と日本が、日本の朝鮮半島支配と米国のフィリピン支配を双方が了解した合意だ。協定の当時、朝鮮半島はすでに日清戦争と日露戦争で相次いで勝利を収めた日本の影響圏の下にあった。協定について米国の責任を問わなければならない、という主張は、「米国は日本と戦争をしてでも、朝鮮半島に介入しなければならなかった」という意味も同然だ。この場合、帝国主義時代に植民地支配された国々は、侵略国だけではなく、影響圏を分かち合い殖民地支配を相互に認め合った他の列強に対しても過去の清算を要求しなければならない。国際社会の常識では理解に苦しむ論理だ。

政府与党の周辺では、桂・タフト協定を朝鮮半島の不幸の元凶とする声を耳にすることは珍しくない。南北分断ももとを辿ればその発端がこの協定にある、という主張も出ている。今年7月、金議員を含めた11人の議員は、米国と日本に対して桂・タフト協定の破棄と謝罪を促す決議案を国会に提出した。

こういった歴史観を持っている人々は、朝鮮半島の赤化統一を阻止するため朝鮮戦争に米国が参戦したことについても不満を持ち、それゆえマッカーサーの銅像を撤去しなければならない、と主張している。駐米大使館の国政監査が終わった後、他の議員は全員、朝鮮戦争参戦碑に参拜したが、金議員一人だけ欠席したことも、こういう認識を持っているためであろう。

米国が日本による朝鮮半島殖民地支配に目をつぶり積極的に介入しなかったことも過ちであり、

米国が北朝鮮の南侵に目をつぶらず介入したことも過ちなら、それこそすべてが米国のせいだという主張だ。いかに国内で反米が“損をしないスローガン”であり、米国を“袋叩き”すれば拍手をもらえるご時世といえども、こういう主張をあからさまに行えば、国際社会が韓国という国にどのような視線を向けるのか1度考えて見る必要がある。

朝鮮日報 2005.10.02



日本政府、国連分担金削減を突きつけ国際社会に圧力

「常任理事国でもないので、分担金を削減してほしい」

日本が、外交の悲願だった国連安保理常任理事国入りが頓挫する危機に陷ると、反撃の切り札として金の問題を持ち出した。今年の秋の総会で自国の分担金を減らす一方、なかでも少ない分担金を納める中国とロシアの分担率を引き上げるべく、算出の方法を変えることを提案する予定だという。

国連分担金は3年に1度、総会で決めているが、来年は2007年から3年間の分担率を決定する年だ。これまで日本は、自国の国連分担金負担の割合が19.5%で、加盟国全体のうち、米国の22%に次ぐ2位という点を強調、それに見合った地位を要求してきた。

今年初めのスマトラ沖大震災の際、3000万ドルの無償援助を寄付し、7月の先進国首脳会議では向こう5年間、1兆円の政府開発援助(ODA)の増額を約束したことも、発展途上国の票を集めるためだった。

もっとも、日本の“金銭外交”は今さらのことではない。戦後、右肩上がりの成長を実現した日本は過去20年間、貧しい国々を相手に円を注ぎ込んで、日本の声を植え付けてきた。 こうした日本流の外交を受け継いだ小泉首相が総選挙で圧勝し、勢力を増すと外交の面でも“恐喝と報復”という小泉流を前面に出す動きを示している。

総選挙で圧勝した直後の今月14日、国連特別首脳会議に出席したことも、各国の首脳たちに総選挙勝利のお祝いを聞くためという目的ではなかった。小泉首相が国連総会での演説で、安保理改革の必要性を呼びかけた直後、日本政府関係者らは、前もって口を揃えたように「常任理事国入りが頓挫した今、依然としてカモにされては、国内世論の支持を受けることができない」と述べている。

そもそも、国民に実現する可能性のない常任理事国入りカードで期待を目一杯膨らませたが、失敗に終わると言い訳の種を作るため、国際社会に対して「金を武器にした脅迫」に乗り出したのだ。

こうした小泉流の浅はかな外交手法から分かるように、日本が国際社会で主導的立場を占めるという言明自体が言語道断だ。

(朝鮮日報 2005.10.03)

北朝鮮のテロ脅威に国民の保護もできない政府なら

北朝鮮に拉致された被害者の家族の会のチェ・ソンヨン代表が、北朝鮮からテロの脅威を受けていると国家情報院が統一部と本人に通告したという。チェ代表は、1992年から北朝鮮に拉致された漁師をはじめとする脱北者を中国から韓国に連れてくる仕事をしている。

韓国戦争が終わった後、これまで北朝鮮に拉致された人は合わせて486人だ。ある日突然家族の1人が北朝鮮に拉致された瞬間から、その家族は離れ離れとなり、残りの家族は、数十年間ありとあらゆる辛酸をなめてきた。

南北の和解ムードが高まっている現在も、韓国政府は北朝鮮の顔色を伺っているため、拉致被害者の送還問題についてはまともに触れたこともない有り様で、北朝鮮は「自らの意思によって北朝鮮入りした者はいるが、拉致された者はいない」と嘘を並べ立てている。

今年8月開かれた南北赤十字会談でも、拉致被害者問題に対しては、論議らしい論議さえ行なわず終わった。事情がこうであるため、拉致被害者の家族たちは、北朝鮮にいる家族の消息を求め、自ら乗り出さざるを得ない。チェ代表はこういう家族たちを助けてきた。チェ代表の助けで家族のもとに帰った拉致被害者の漁師は4~5人に及ぶ。

先日、北朝鮮が送り込んだスパイ出身のチョン・スンテクさんの遺体が北朝鮮の要請によって板門店(パンムンジョム)を越え、北朝鮮の家族に引き渡された。韓国はスパイとして浸入した人さえもほとんど送還しているものの、北朝鮮は自ら拉致した人々の安否についても口をつぐんでいる。

これはイデオロギーを論じる前に、人間の道理に関する問題だ。今では北朝鮮の人々もさまざまな理由で韓国を頻繁に訪ねている。拉致被害者と国軍捕虜を送還しても、北朝鮮の秘密がこれ以上漏れることもなく、北朝鮮体制が脅かされることもない。

米国の世界的な人権団体であるフリーダムハウスが12月、ソウルで北朝鮮人権ゼミナールを開くことも北朝鮮政権に人間の道理を悟らせるためだ。人権問題は、これ以上北朝鮮政府が覆い隠して避けて通れない懸案となった。

政府は、チェ代表の身柄を徹底的に保護する必要があるばかりでなく、北朝鮮当局に厳しい警告を発しなければならない。政府が、チェ代表には「気を付けてください」と告げる一方、北朝鮮には何も言わない場合、身内の国民さえきちんと保護できない無能な政府という事実を自ら告白することになるだろう。

(朝鮮日報 2005.10.04)









続きを読む

2005.10.3 高校生ドラフト結果 

広島東洋カープ
ドラフト 広島指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 鈴木 将光 外野手 18 遊学館 右右
2巡目 今井 啓介 投手 18 中越 右右
3巡目 斉藤 悠葵 投手 18 福井商 左左
4巡目 相沢 寿聡 投手 18 太田市商 左左
     
巨人
ドラフト 巨人指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 辻内 崇伸 投手 17 大阪桐蔭 左左
3巡目 加登脇卓真 投手 18 北照 右左
4巡目 福井 優也 投手 17 済美 右右

ヤクルト
ドラフト ヤクルト指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 村中 恭兵 投手 17 東海大甲府 左左
3巡目 川端 慎吾 内野手 17 市和歌山商 右左
4巡目 水野 祐希 捕手 18 東邦 右右

横浜
ドラフト 横浜指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 山口  俊 投手 18 柳ヶ浦 右右
3巡目 黒羽根利規 捕手 18 日大藤沢 右右

中日
ドラフト 中日指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 平田 良介 外野手 17 大阪桐蔭 右右
3巡目 春田  剛 外野手 18 水戸短大付 左左
4巡目 高江洲拓哉 投手 18 府中工 右右
5巡目 金本 明博 投手 17 酒田南 右右

阪神
ドラフト 阪神指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 鶴  直人 投手 18 近大付 右右
3巡目 若竹 竜士 投手 17 育英 右右
4巡目 前田 大和 内野手 17 樟南 右右

楽天
ドラフト 楽天指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 片山 博視 投手 18 報徳学園 左左
3巡目 宇部 銀次 捕手 17 盛岡中央 右左
4巡目 枡田慎太郎 外野手 18 智弁学園 右左

日本ハム
ドラフト 日本ハム指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 陽  仲寿 内野手 18 福岡一 右右
3巡目 木下 達生 投手 17 東邦 右右
4巡目 今成 亮太 捕手 17 浦和学院 右左


オリックス
ドラフト オリックス指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 岡田 貴弘 外野手 17 履正社 左左
3巡目 柴田 亮輔 内野手 18 愛工大名電 右左

西武
ドラフト 西武指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 炭谷銀仁朗 捕手 18 平安 右右
3巡目 田沢 由哉 投手 18 旭川大 右右
4巡目 田中 靖洋 投手 18 加賀 右右

ロッテ
ドラフト ロッテ指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 柳田 将利 投手 18 青森山田 左左
2巡目 林  啓介 投手 17 福井商 右右
3巡目 末永 仁志 投手 18 南京都 右右
4巡目 細谷  圭 内野手 17 太田市商 右右

ソフトバンク
ドラフト ソフトバンク指名者
指名巡 選手 位置 年齢 所属 投打
1巡目 荒川 雄太 捕手 17 日大高 右右
3巡目 大西 正樹 投手 17 神戸国際大付 左左
4巡目 大田原隆太 投手 18 都城工 左左
5巡目 川口 容資 投手 18 楊志館 右右






続きを読む

産経抄 (10/02 ) 

産経抄 (10/02 08:30)

細長い帯状の紙の両端を糊でつける。むろん普通の輪ができる。今度は紙を一度ねじった上で、同じように両端を結び、これに小さな虫をはわせてみる。すると最初は表をはっていた虫が、いつの間にか裏に回っており、また表に戻る。

 ▼幾何学で「メビウスの帯」と呼ばれる表裏を決められない曲面のことだ。ねじれた論理の例えに使われることもある。一昨日、小泉首相の靖国神社参拝を「憲法違反」とした大阪高裁の判決もさしずめ「メビウスの帯」であるような気がする。

 ▼判決は首相の参拝を明確に違憲と言っている。ところが主文では、違憲を理由にした原告の損害賠償請求を退けた。いったい何のために憲法判断をしたのかわからない。国にとって、主張は退けられたのに、裁判自体は勝訴で上告もできない。ねじれ判決である。

 ▼判断はもう一つの意味でもねじれている。前日の東京高裁は、参拝について憲法判断は避けたものの「私的なもので違憲論は前提を欠く」と言い切っている。これでは、昨日まで表を歩いていたつもりが、今日は裏を歩かされているようなものだ。司法の信頼性にもかかわる。

 ▼そういえば、同じ日の朝日新聞社長の記者会見もおかしかった。NHKの番組改変報道について、取材が不十分で、記事に不確実な情報が含まれていたことを認めた。それなら、記事としては明らかに欠陥商品である。にもかかわらず訂正も謝罪もしないという。

 ▼その朝日が大阪高裁の判決を受けた社説で「司法の判断が分かれた以上、参拝を強行すべきではない」と書いた。しかし、司法の判断が分かれたら首相自身が決めるしかないというのが普通の論法だ。いずれもどこかでねじれて、いや、ねじっているとしか思えない。


続きを読む

今日の夕刊フジ 


身内ニッカンまでが「朝日が散々」

 従軍慰安婦問題を扱ったNHKの番組内容が政治家らの圧力で改変されたと朝日新聞が報じた問題などで、同社は9月30日、秋山耿太郎社長が会見し編集局長の解任などを発表した。同社が設置した第三者委員会に「取材の詰めが甘い」と指摘されたのを受けてのものだが、記事の訂正や謝罪はなく、10月1日付の朝刊各紙は一斉に「それでも新聞社ですか」などと厳しく批判した。

 朝日新聞は同日付1面で、秋山社長が「詰めの甘さ反省します」の見出しとともに事実上のおわびを掲載。別の面では2ページにわたってこれまでの経緯、第三者委の見解や同社の考えを長々と掲載した。

 一方で、取材対象者の録音テープから起こしたらしき証言内容が「月刊現代」9月号に流出した問題に対し、同社は吉田慎一・編集局長、横井正彦社会部長を更迭。秋山社長は報酬の50%を3カ月間自主返上としたが、肝心の流出源や録音テープの存在の真相は「詰めの甘い」調査のままで、けむに巻いている。

 こうした朝日の対応に朝刊各紙は1面トップなどで詳報。毎日新聞では「事実解明なしで新聞社ですか」と挑発的な見出しの社説で、「朝日新聞は、どこか勘違いをしているのではないか」と切って捨て、社会面では現役朝日記者の批判的な声も集めている。

 産経新聞も総合面では「『何のための記者会見なのか』という怒気を含んだ質問も飛び出した」と、第三者委4人のうち3人が欠席するご都合主義の会見を詳報。社説も「なぜ潔く訂正できないか」「同じ報道機関として、理解に苦しむ」。読売新聞は「社内処分、今年延べ15人」という朝日を取り巻く“異例の事態”を指摘している。

 さらに朝日新聞系の日刊スポーツも社会面で朝日のCMをもじった「朝日が散々」の大見出しが躍った。また同紙でも指摘する「1カ月で編集局長2人解任」という状況のなかでも秋山社長の引責辞任は取りざたされておらず、今後の動向が注目されそうだ。

ZAKZAK 2005/10/01

NHK地域スタッフ、HPでバイアグラ違法広告

性的不能治療薬バイアグラをインターネットで宣伝したとして、兵庫県警生活環境課は30日、薬事法違反(承認前の医薬品等の広告禁止)の疑いで神戸市垂水区、NHK地域スタッフの男(36)を逮捕した。

 調べでは、男は副業で個人輸入代行業「ネイチャー」を経営。7月上旬、厚生労働大臣の承認を受けていないバイアグラ100ミリグラム錠などの効能についての広告を、自分のホームページ(HP)に掲載した疑い。

 男はNHK神戸放送局と委託契約を結び、未契約世帯から新規契約を取る業務に当たっていた。昨年6月ごろ、バイアグラなどの個人輸入を代行するHPを開設。知人名義の口座には約200人から計約150万円の入金があった。

 NHK大阪放送局広報部は「職員ではないとはいえ、受信料に関する業務を委託している者が逮捕されたことは遺憾」とコメントしている。

ZAKZAK 2005/10/01

体罰の示談金名目で…教師の母親580万円被害

愛媛県今治市などの小学校教師の母親が30日までに「息子が学校で生徒に暴力をふるった」などと言われ、示談金名目で数百万円をだまし取られたと愛媛県警に届けた。捜査2課は振り込め詐欺事件として捜査している。

 調べでは、今治市の主婦(70)の自宅に26日、「息子さんが生徒さんをたたいてけがをさせた。示談したい」などと電話があり、400万円を指定の口座に振り込ませた。

 27日には、同県八幡浜市の主婦(67)に同様の電話があり、180万円を振り込んだ。

 このほか9月20日から30日にかけ、教師を息子に持つ母親宅に同様の電話が2件あり、本人らに確認し未遂に終わったケースがあり、同課は関連を調べている。

ZAKZAK 2005/10/01








<

これが教職者の正体だ…(9/25~10/1) 

今週の教育者の不祥事

<奈良女児殺害事件>助教授軽率!教員講座で遺体の状況説明
昨年11月に誘拐・殺害された奈良市の小1女児について、被害者の学校でカウンセラーの経験がある奈良教育大学の男性助教授(54)が今年8月、教員対象の講座で、女児の遺体の状況を説明する発言をしていたことが分かった。
助教授は「軽率だった」と謝罪した。
(毎日新聞)- 9月24日22時56分

小学校臨時講師、初デートで女性の車から1万円窃む
秋田県警横手署は25日、窃盗の疑いで秋田市、小学校臨時講師の男(30)を逮捕した。
調べによると、男は8月3日午前0時20分ごろ、秋田県美郷町内の公園の駐車場で出会い系サイトを通じて知り合った同県平鹿郡の女性(23)と待ち合わせ、女性の車に乗った際にすきを見て車内から現金1万円を盗んだ疑い。
2人は初対面で、現金がなくなったことに気付いた女性が同署に被害届を提出。
男は容疑を認めているといい、同署で動機などを追及している。
男は昨年度から秋田市内の小学校で臨時講師を務めている。
ZAKZAK 2005/09/26

飲酒運転で町立小教諭を懲戒 茨城
県教委、停職3カ月
県教育委員会は二十六日、飲酒運転で警察に摘発された岩瀬町立南飯田小学校体育主任の佐川国則教諭(45)を二十七日付で停職三カ月の懲戒処分にした。
県教委によると、佐川教諭は今月十七日午後十一時ごろ、笠間市の市道で、巡回中のパトカーに摘発された。
学校の運動会の打ち上げで、同市内の飲食店で午後七時ごろから、同僚二人とビールなどを飲んだ後だったという。
佐川教諭は同僚と代行運転を依頼。
同僚が先に帰った後、のどが渇いたため、約五百メートル離れたコンビニへ飲み物を買いに行く途中だった。
摘発された場所は店から約三百メートルの距離。
本人が翌十八日に校長へ報告して発覚。
十八日以降は自宅謹慎している。
県教委に対しては、「反省している。処分が明けたごは、償うためにも頑張りたい」と話しているという。
(中日新聞 9/26)

エロバカ元校長に懲役6年…モデル拒否の少女に暴行
モデルの写真撮影を拒否した女子高校生に暴行したとして、準強姦(ごうかん)罪などに問われた三重県熊野市の市立小学校元校長で無職の男の被告(66)の判決公判で、津地裁の山本哲一裁判長は28日、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。
山本裁判長は判決理由で「未成年者の社会経験の乏しさを利用し、卑劣かつ悪質」と述べた。
判決によると、被告は2000年10月ごろ、和歌山県内の山中で、当時17歳の女子高校生に写真のモデルになるよう求め、無理やり契約書に署名させた。同年12月ごろから昨年7月にかけ、「違反したら罰金がある」などと脅迫して性行為を求め、同県や三重県内の山中に車で連れて行き、車内などで再三、暴行した。
ZAKZAK 2005/09/28

「弟子のような人間関係」勘違い教授セクハラで退職
京都ノートルダム女子大(京都市)は28日、大学院心理学研究科の教授(47)が20代の女性研究生にセクハラをしたとして8月末で依願退職したと発表した。
大学によると、教授は2003年8月から今年1月までの間、研究室で研究生の体に触ったり、言葉でのセクハラを繰り返したりした。
教授は大学の調査委員会に事実を認め「弟子のような人間関係で指導した。受け入れてくれていると錯覚した」と話したという。
研究生は心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され1月から休学状態となり、4月に大学側に相談した。
ZAKZAK 2005/09/29

市教育長が陳謝/鹿角市、小学校教諭の酒気帯び運転で
鹿角市教育委員会は29日、同市の小学校に勤務する男性教諭(32)が酒気帯び運転で取り調べを受けた問題について会見した。
織田育生教育長が事実関係を明らかにし、「秋の全国交通安全運動で県民挙げて交通事故や飲酒運転撲滅に取り組んでいる中、申し訳なく残念」と陳謝した。
同市教委によると、男性教諭は26日午後6時ごろから27日午前零時ごろにかけ、同市花輪の飲食店2軒で、指導しているスポ少チームの保護者らとともにビール5杯、焼酎のウーロン茶割り2杯などを飲んだ。
その後男性教諭は近くの駐車場に止めた自分の乗用車内で仮眠。
同日午前5時40分ごろ、出勤するため同市八幡平の国道282号を走行していたところ、県警高速隊に停止を求められた。
飲酒検知で呼気1リットルから0.38ミリグラムのアルコールが検出され、酒気帯び運転が判明した。
(秋田さきがけ新聞 2005/09/29 19:54)

38歳高校教諭、帰宅途中の女子高生押し倒して触る
山形県警天童署は30日、女子高生(15)にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ致傷容疑で天童市長岡の県立高校教諭の男(38)を逮捕した。
容疑を認めているという。
調べでは、教諭は29日午後10時ごろ、天童市荒谷で自転車で帰宅途中の女子高生を押し倒し、口をふさいで胸や下半身を触った疑い。
教諭は乗用車で逃走。
女子高生は顔や腕に擦り傷を負い、通りがかった女性に助けを求め、女性が110番した。現場は果樹園などがある田園地帯。
高校によると、教諭は数学などを教え、山岳部の顧問を担当するなど、普段は授業や学校行事に熱心に取り組んでいたという。
ZAKZAK 2005/09/30

東大と東大教授を書類送検…無資格研究員に作業させる
伊豆諸島・八丈島で今年7月、東京大学の研究員(30)が海洋生物採取のため潜水作業中に水死する事故があり、中央労働基準監督署は29日、この研究員が潜水士免許を持っていないのに作業に就かせたとして、労働安全衛生法違反(就業制限)の疑いで、東京大学と同大教授(48)を書類送検した。
調べでは、7月4日午前、八丈町大賀郷の沖で、教授と研究員、学生の計4人で潜水作業をしていたが、研究員の姿が見えなくなり捜したところ、海底で水死しているのが見つかった。
労基署によると、潜水業務は潜水士免許の国家資格を有する者でなければ就業させてはならないと定められている。
ZAKZAK 2005/09/30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。